アルバム「Christmas&Chill」に入っています。
この楽曲は1年に1度しかないクリスマスの夜…
とある女性がちょっとした寂しさを埋めるちょっぴり大人なクリスマスソングです。

是非聴いて、歌詞を見てアリアナの歌”Wit It This Christmas”をお楽しみ下さい!
また詳しい情景は一番下に!

[出典:YouTube]
作詞/作曲: Ariana Grande, McCants Brown, Sayles, Foster,Tedder ,Peter Lee Johnson

Come and kiss me, baby
こっちに来てキスをして
We don't need no mistletoe
私達にミスルトウ(ヤドリギ)は必要ないの
We don't need no fireplace
私達に暖炉は必要ないの
Boy, I'll keep you nice and warm
私があなたを暖めるの

Are you down for※1 some of these milk and cookies?
相性が良いと思わない?
I'm down for loving, you'll be my drummer boy
愛してよ、そしてあなたがドラマーになってね
And I'm the only drum that you gonna play
私がドラムであなたが私を叩くの

'Tis※2 the season for some love giving
愛し合う時間よ
So I think you should give your love to me
だからあなたは私を愛さないといけないと思うの
Baby, let me know
教えてよ

Are you with it? Are you with it?
一緒にいてくれる?
Are you with it this Christmas?
クリスマスに一緒にいてくれる?
(baby, let me know)
Are you with it? Are you with it?
一緒にいてくれる?
Are you with it this Christmas?
クリスマスに一緒にいてくれる?

We don't need no presents
プレゼントなんかいらない
We don't need the kitchen
キッチンもいらない
We don't need them recipes
レシピもいらないわ
You know I'm tasty like a candy cane or gingerbread made with love
知っていると思うけどキャンディーケインかジンジャーブレッドが大好きなの

Are you down for※1 some of these milk and cookies?
相性が良いと思わない?
I'm down for loving, you'll be my drummer boy
愛してよ、そしてあなたがドラマーになってね
And I'm the only drum that you gonna play
私がドラムであなたが私を叩くの

'Tis※2 the season for some love giving
愛し合う時間よ
So I think you should give your love to me
だからあなたは私を愛さないといけないと思うの
Baby, let me know
教えてよ

Are you with it? Are you with it?
一緒にいてくれる?
Are you with it this Christmas?
クリスマスに一緒にいてくれる?
(baby, let me know)
Are you with it? Are you with it?
一緒にいてくれる?
Are you with it this Christmas?
クリスマスに一緒にいてくれる?
--------
※スラング用語解説※
※1:dawn for = 仲が良いと表現する場合に用いられる
※2:gonna = going to を短縮したもの

Ariana Grande - Wit It This Christmas -で伝えたいメッセージとは
"Wit Is This Christmas"は和訳すると”一緒にクリスマスを過ごす”となります。
少し寂しいのでしょうか?クリスマスにどうしても異性と過ごしたいという
気持ちがとても強く感じる時があります。

あなたはこの歌詞をどう捉えますか?
Candy caneとGinger breadの部分で少しわがままな女性なのかな
という印象も持てたりします。

冒頭の曲紹介でも書きましたがちょっとした寂しさを埋めたい
気持ちを歌った楽曲だと思います。
またこの楽曲はクリスマスソングにあまりない曲調で個人的には好きです。

- 管理人の主観 -
今回は二人の相性は良いよと表現している部分について書いてみたいと思います。
他のサイトだと”クッキーとミルクとる?”みたいなニュアンスだったのですが、
多分間違っていますね。

down for ~ は少しスラングよりな言葉のようです。
賛同や二人の仲が良い、一緒にいるという意味を持っているようです。
なので今回は
ミルクとクッキーを一緒に食べたら美味しい(相性が良い)=二人の相性が良い
という表現をこの歌ではされているようです。